適した勉強法で目指せる公認会計士【難関試験も花丸合格】

レセプト作成能力

調剤事務を学ぶことの意義

勉強

調剤事務の通信講座では、主に処方箋を受け付ける調剤薬局で、保険者に対して調剤報酬を請求するときのレセプトを作成できるための能力を一定程度有する人を育てていきます。客観的にこのレセプト作成能力を有する人かどうかが分かりにくかったために、資格が設けられたという経緯があります。 調剤事務の通信講座では仕事をしながらでも学ぶことができ、しかもすでに調剤薬局で仕事をしている人の場合には、その知識がすぐに使用できるということもありますから、非常に便利な資格となっています。 試験の合否も大切ですが、学ぶことそれ自体が仕事にも役立つという資格です。それだけに、仕事の延長線で学ぶことが出来るため、意欲の低下もそれほどなく勉強を進められるでしょう。

今後の調剤薬局での事務仕事

この調剤事務について学ぶ人が増えていますが、そもそも門前薬局やドラッグストアでの調剤部門が多くなりすぎているという指摘が国でもなされたところです。そのため、医薬分業で行われてきたこの調剤にあっても、かつてのように医療機関内処方も否定されないように徐々に変更されるのではないかと見られています。 つまり、今後は医療機関内処方が増えることにより、調剤事務資格者にとっては、やや不利な状況が発生する可能性もあります。その一方で地方では、通信講座等で学んだ調剤事務も含めて関係者がまだまだ足りていないという声もあり、通信講座受講者などもこの仕事を行う機会は相応にあると考えられていますので、悲観することはあまりないと言えるでしょう。